MENU

安全性で見る、プラセンタ注射とプラセンタサプリ

プラセンタは、哺乳類の胎盤の意味で、美容や医療用の用途の様々なシチュエーションで利用されています。

 

中でもプラセンタ注射とプラセンタサプリは、美容と健康の為に役立つとして、多くの方に利用されています。

 

両者ともに哺乳類の胎盤を原料として作られていますが、注射は人間の胎盤が原料となっています。

 

プラセンタ注射は内科や婦人科、整形外科や美容外科などで接種してもらうことができるもので、医療用の用途や美容目的で使われます。

 

医療用では更年期障害や肝機能障害の治療に健康保険が適用され、古くから医療用に使われています。

 

医薬品ですので非常に効果が高く、ホルモンバランスや免疫機能、自律神経などの調子を整える効果が期待できるため、身体の不調を改善させるために定期的に接種することが推奨されています

 

プラセンタ注射の薬剤は製薬会社で作られており、感染症の心配が無いといわれていますが、未知の感染症については予測不可能なところがあり、安全性については100%安全とは言い切れないとされています。

 

これまでプラセンタ注射で深刻な感染症になった症例は一件もなく、安全に使える医薬品として現在でも多くの患者に接種されていますが、極力安全性を重視したいという方にはサプリメントタイプがおすすめです。

 

プラセンタサプリは、人間ではなく馬や羊、豚などの胎盤が原料となって作られたサプリメントです。

 

人間の胎盤を原料とせず、又注射ではなくサプリメントタイプですので、その安全性が注射より高いと評価され、多くの方が手軽に試すことができる点が支持されています。

 

プラセンタサプリは、注射に比べると体内に取り込む量が少ないため、効果を感じにくい側面がありますが、摂取量を多めにとるなどして工夫をすることで、より安全に美容と健康を気遣うことができます

 

プラセンタ注射を受けた方は、安全性を重視して献血がうけられないことになっていますが、プラセンタサプリにはそのような制約はありません。

 

そのことからも、注射よりサプリメントタイプのほうが安全性が高いと認められていることがわかります。

 

即効性や効果を重視する方は注射タイプを選びがちですが、安全性を重視するならサプリメントも有効です。

 

勿論併用している方も多く、注射を打ちに行けない時にサプリメントで代用するという方法もあります。

 

できるだけ安全に美容と健康を維持したい方は、良質のプラセンタサプリを摂取することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

このページの先頭へ