MENU

ニキビ跡に悩む方必見!ニキビ跡に効くプラセンタの活用法

にきびがあると痛みが出たり、見た目にも良くないですし、早く治そうと必死になるでしょう。しかし、なかなかにきびが治らなかった人は、にきび跡が残ってしまうことがよくあります。にきびよりも治りにくいと言われていますので、中にはあきらめてしまった人もいるのではないでしょうか。しかし、あきらめる必要はありません。プラセンタを活用することで、美しい肌を取り戻すことができるかもしれません。

 

よく美容系のサプリメントに使われているので、見たり聞いたりしたことがある人は多いでしょう。女性が妊娠しているときにしか存在しない臓器である胎盤から抽出したエキスがプラセンタです。赤ちゃんが母親のおなかの中にいるときに必要な栄養がたっぷり詰まっていることで、肌にも良い影響があると言われています。赤ちゃんがすくすくと大きく育つことができるだけの栄養がバランスよく入っていますから、治りにくいにきび跡にも効果が期待できます。

 

サプリメントを飲むなら、空腹時がおすすめです。なぜ、空腹のほうが良いのかというと、食後に飲んでしまうと、食事と一緒に胃で食べ物と一緒に消化されてしまう恐れがあるからです。胃の中に食べ物が入っていない空腹時であれば、腸まで届いて腸から体内に吸収されていきます。だから、食後を避けたほうが良いですし、最も吸収率が良い空腹時に飲んだほうが良いというわけです。

 

そもそもプラセンタには抗炎症作用がありますから、にきびにも効果があります。また、肌のターンオーバーを改善する働きがありますので、肌にある古い角質を正常に取り除くことができます。古い角質が残ってしまうと色素沈着などを起こした状態が長く続きかねません。肌のターンオーバーが改善されれば、そういうこともありません。

 

そして、プラセンタにはコラーゲンの生成を促す効果があります。コラーゲンには肌のハリや弾力に必要な成分ですから、クレーター状になってしまったにきび跡にも効果を発揮してくれるかもしれません。治療にも使われているので、サプリメントを飲み続けることで、肌をにきびができる状態に戻せる期待はできます。ただし、効果には個人差がありますし、サプリメントは医薬品ではありませんから、効果を実感できるとは限りません。しばらく飲んでみてあまり効果を感じられなかったら、他のサプリメントに変えてみたり、美容クリニックなどの医療機関を受診して治療を受けたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ